読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

George Dowlingのインタビュー

先日のハダーズフィールド戦でデビューを飾ったGeorge Dowlingのインタビューです。

17歳のGeorge Dowlingはベッドミンスター出身で地元のクラブであるブリストルシティの生涯のファンである。彼は6歳の頃からアシュトンゲートスタジアムに来ていて、まもなくブリストルシティアカデミーに入った。
4対0で勝ったホームのハダーズフィールド戦ではベンチスタートだったが、彼のビッグチャンスは70分に訪れた。
「金曜日にメンバー入りだ言われ、土曜日にベンチだと言われた。うまくやったよ。」とDowlingはBristol City Player HDに語った。
「落ち着かないよ。人生で最も幸せな日だ。夢が叶ったんだよ。6歳の頃からここにいたから、デビューの機会を得たことは信じられない気持ちなんだ。でもこれは現実だ。メンバー入りしたと言われた時、自分が何をするべきなのか分からなかった。俺は常にブリストルのシーズンチケットを持っていて、アカデミーに入ってからは(チームから貰える)フリーチケットを使っていたんだ。だけど実際にプレーするのは信じられないね。チームの2点目が入った後、監督が俺の方を見たのに気付いた。そして何が起こるか分かったんだ。」
「俺はナーバスになっていたけど、ピッチサイドが近づくにつれて興奮してきたんだ。ファンの声援が聞こえてきたからね。」
ファーストタッチの後から、試合の雰囲気に慣れてより大きな自信を得たよ。」
George Dowlingはピッチ上のScott Golbourne、Joe Bryan、Zak Vyner、Bobby Reidと同じアカデミー卒業生で、そのBobby Reidに代わってDowlingはピッチに入った。
「彼ら(Golbourneなどのアカデミー卒業生)のしてきたことを真似て、だんだんと近づいていくことが、俺のモチベーションになっている。今年、Zak (Vyner)はU21代表チームで一緒で、俺を刺激してくれた。ファーストチームで彼と同じように練習して、彼が送ったシーズンに近づいたんだ。」